【妊娠線予防】効果はオイルが1番|1人目で防げた愛用オイル3選!

妊娠5ヶ月を過ぎると、ポッコリとお腹も出てくる時期。

現在6ヶ月に入り、1ヶ月でさらに膨らみ、
誰がどう見ても「妊婦さん」と分かるくらいに(^^)

この頃から胎動も同時に増え、お腹の中でクルンックルンッしてます♫

今でもスイカ(中サイズ)くらいの立派な大きさなので。笑

そろそろ妊娠線予防ケアをしなくては!

スポンサーリンク

妊娠線とは

妊娠中期に入るとお腹の赤ちゃんもすくすくと育ち、ママのお腹もどんどん大きくなってきます。

それに伴い、皮下脂肪も増え皮膚が伸びてくるんですよ〜。

その皮膚の伸びが追いついていかず裂けるような、

ひび割れっぽい症状が現れます…

これが「妊娠線」です(>_<)

妊娠線はしっかり予防しないと

約6割もの妊婦さんにできてしまう厄介者!!

一度妊娠線が出ると完全に消える事は不可能なんだとか。。

産後、体型を戻して「夏はビキニを着たいー♫」と思っても

見た目が気になりますよね。

愛する我が子を産んだ証!と前向きになれるのならいいのですが、、

予防して防げるものなら防ぎたい…後悔はしたくないですね。

妊娠線ができやすい原因

体型の急成長

妊娠によって体系が変わり、皮膚が急激に伸びるのが原因です。

体重も増えるとともに、胸やお尻…そしてお腹も大きくなりますよね。

皮膚の表面は比較的伸びやすいのですが、

皮下組織の奥部分(特にコラーゲン)は伸びないんです。

そのせいで断裂され、ひび割れの現象が起こります。

ホルモンの影響

妊娠期は、日焼けによる「シミ・そばかす」もできやすいと言われています。

その影響と全く一緒です。

ホルモンが活発化する影響で、ターンオーバーの働きが制限されてしま

コラーゲンがなかなか作られなくなってしまいます。

結果コラーゲン不足により

肌そのものが弱まり、「シミ・そばかす」「妊娠線」ができやすいんです。

1人目防げても油断は禁物!

2人目以降の「経産婦さん」は特に要注意です!!

1人目できなかったと言って、予防を怠っていると…

一度膨らんだ風船は2度目は特に伸び安いのと一緒!!

子宮が膨らみやすくなっているので、どんど大きくなるのです!

そのため、皮膚も伸びよう伸びようと、ぐんぐん大きくなるとー…

「皮下組織破裂=妊娠線」ってことになるですね。

妊娠線の予防にはオイルが一番!

予防とはいっても皮膚はどうしても伸びてしまいます。

1番重要なのは皮膚の保湿です!

皮膚を保湿してあげることによって

柔らかく弾力を出してあげれば、急激な伸びにも対処できますね。

よく妊娠線クリームも売られていますが、

実はクリームよりもオイルの方が油分も多く含んでいるため

保湿効果が高いです。

皮下組織の中へ中へとグングン浸透させることができるのは、

やはりオイルが1番良いとされています。

子育てに忙しく予防ケアも忘れがちですが、

化粧水をつける習慣と共に、妊娠線予防の習慣を忘れずに。

なりやすい人だと皮膚の伸びが原因で

お腹の痒みも出てくると言いますが、まさに今私がその痒み発生Σ(・□・;)

1人目妊娠中に愛用していたマザーズオイルが、
つけ心地もとっても良く、もちろん妊娠線も防げたので
みなさんにもご紹介したいと思います(^o^)

1人目で予防できた愛用オイル3選

ヴェレダ マザーズオイル

産婦人科医の開発によって誕生した優秀オイルです☆

アーモンドオイルとビタミンE成分を多く含んでいます。
手のひらでお腹とお尻全体になじませ、軽くマッサージすると
オイルの香りがとっても良いんです。

これだけでリラックス効果抜群☆

塗ったそばから皮膚へぐんぐん浸透していくのが分かり、
しばらくするとベタつきもなくなります。

産後余ってしまッても、ボディの引き締めにも使用できるので、
気になる部分をマッサージしてもいいですよ♫

 エルバビーバ ストレッチマーク オイル

全米で大人気のマザーズオイルです。

ローズヒップ・アーモンド・ラベンダー成分を多く含みます。

ローズは神経作用に効果あるので、とても気持ちがリラックスしますよ。

こちらもベタつき感がなくしっかり潤います!

バイオイル

この商品は1人目にかかりつけの大学病院で、
助産師さんにも推薦されたオイルです。

妊娠ケア以外にも使用できるので、バストマッサージや
乾燥した小じわ予防にもとってもおすすめです!

ベタつきもなくサラッとしているので、乳液の代用も◎

1日2回の保湿ケアをしましょう。

1人目の妊娠で、紹介した3つのオイルをその日の気分で使用し、

妊娠線の予防もできました!

私ももちろん、今回と同じものを使う予定です♫

ですが、毎日欠かさず、1日2回のケアをしてくださいね☆

スポンサーリンク

フォローする